大切なペットを肝臓病にしないために予防しよう

ドッグ

費用がかかる

ペット葬儀を行う会社は多くなっており、茨城にもあります。茨城で行うのなら茨城のペット葬儀会社を選択しましょう。費用がかかるので、費用を比較したり、サービス内容を比較したりして選ぶことが大切です。中には、お墓の手配までしてくれるところもあります。

イギリス原産の狩猟犬です

イギリスのヨークシャー地方で狩猟用に生み出されたヨークシャテリアは、美しい容姿と小型の体格から現在は室内犬として人気です。利口ですからしつけが簡単で、散歩等の運動は少なくても十分です。健康面には、十分な配慮が必要です。

おでかけのときの味方

成田空港には、ペットを飼育する方の味方である多くのペットホテルがあります。ペットホテルの飼育環境や料金体系はさまざまですので、値段だけをみるのではなく全体的なサービスとして比較してみてください。においやお店の方の対応など、実際に訪れたときにチェックしてみるといいでしょう。

犬や猫だけではない病気

猫と女性

意外に爬虫類も注意が必要

人間でも、肝臓病は気づかない間に病気が進行していることも多く、初期症状などは気づきにくく、症状が出てから病院を受診したらかなり進行していたという事も少なくありません。ペットにしても同様で、知らない間に感染していたり、中毒症状に陥っていたりすることも多いのです。ペットの中でも犬や猫と肝臓病のつながりは広く、肝臓病のための管理用フードなども販売されています。犬や猫では、食欲不振や体重の減少、黄疸、尿の色の変化などが見られます。このような症状の場合はなるべく早めに動物病院を受診するといいでしょう。犬や猫などの肝臓病は比較的知られていますが、ではその他のペットには肝臓病の心配はないのでしょうか。実は、ハムスターやうさぎも肝臓病はかかります。お腹が腫れてくることから気づくことも多いのですが、対応できる病院が少ないのが現状です。小動物の診察にも対応可能な動物病院を、日頃から探しておくといいでしょう。そして実は、トカゲなどの爬虫類も肝臓病にかかる可能性はあります。爬虫類は他のペットと比べ活発に動くという事は少ないため、体の変調に気づくのが遅れる場合が多くあります。肝臓や胃に変調をきたすと、爬虫類はゲップを多く出すようになります。また食欲不振に陥り、あまり食べなくなります。ただし、爬虫類の場合は普段から1週間に一度ほどしかエサを食べない場合も多いため、気を付けて観察しなくてはなりません。2週間ほどエサを食べない状態が続いたら、爬虫類を専門に見る病院へ受診することをおすすめします。このように、犬や猫といったペットだけでなく、多くの動物で肝臓病はかかるとされています。普段から様子を観察し、いつもと違うと感じたら早めに信頼できる病院へ受診するようにしましょう。